児童発達支援の利用

受給者証について

児童発達支援を利用するための「受給者証」についてご説明します。

児童発達支援は療育手帳を取得していない児童さんでも、受給者証があれば利用することができる福祉サービスです。
福祉サービスのなかでは「障害児通所支援」に該当します。

受給者証とは?

児童発達支援を利用するためには市町村自治体から交付される受給者証が必要です。

受給者証には保護者と児童の住所、氏名、生年月日、利用できるサービスの種類、その利用できる支給量(日数や時間数)が記載されます。

受給者証には2種類あり、「福祉サービス」を受けるためのものと「医療」を受けるための受給者証があります。

療育手帳(愛の手帳、みどりの手帳)との違いは、療育手帳は障害名や程度を証明するために都道府県が発行しているものですが、受給者証は福祉や医療サービスを利用できる証明として市町村が発行しているものです。

支給量とは?

支給量とは、福祉サービスを利用できる日数や時間数のことです。
例えば支給量が「20日/月」と受給者証に書かれている場合は「ひと月当たり最大20日まで児童発達支援を利用できますよ」という意味です。
利用料の9割を自治体が負担するので、月に何日利用できるかは自治体の福祉課と相談をして決めることになります。自治体ごとに判断が異なる場合もあるので、お子さんの特徴や利用を考えた経緯、希望する利用時間や日数を詳しく伝えてください。